葉山ひねもす手帖

どうしても、心がざわめいてたまらない時には①

葉山、一色海岸目の前、アーユルヴェーダとアロマセラピー専門サロン
【Hayamaひねもす】店主です。

私が実践しているアーユルヴェーダは、古代インド哲学から派生したものです。

心、精神、身体、魂を合わせた「生命の科学」。

最近、講座などで、二元論や一元論をご紹介しているのですが、私なりに、10年間、アーユルヴェーダをやってきて、色々と気づきがあったので、
ひねもすのたりのたり、私なりのひねもすのたり哲学を書いていきたいと思ってます。

もちろん、悟っていないため、煩悩の塊のひねもす店主。

ひねもすのたり哲学は、悟りを目的としていません。

だって、五感を感じて、幸せを、満足感を
味わい尽くしたい、今期の人生👍

 

私たちがいるこの世界は、

「ある」「ない」

「光」「闇」

「男」「女」

と言ったように、相反するものが隣り合わせに、存在する、二元の世界。

 

これは、変えようがありません

なぜならば、私たちは、五感と記憶から生じる、感情や思考があるからです。

 

どうしても白黒つけたくなってしまうのは、そのため。

私たちの思考は、「空白」が耐えきれないのです。

 

けれど、思考が空白になった時、スピの世界でよく言われる「別の領域」、「潜在意識と繋がっている」時、

私たちは、無限の可能性と唯一無二の安全感、無敵感を感じることができます。

アーユルヴェーダでは、それをシロダーラという施術で入ることができます。ヨガでは、瞑想で入ることができます。

シロダーラというのは、第3の目と呼ばれる、第6チャクラに関係している額に、

薬草オイルを2リットル垂らし続けることで、脳を鎮め、働きすぎた脳を休め、クレンジングし、一旦、「ご破産で願いましては」で、リセットすることができます。

 

効果は、不眠症、不安症、動悸、無力感、お顔のリフトアップ、立ちくらみ、耳鳴りと言ったように多岐にわたりますが、いちばんのの恩恵は、思考が「空白」の状態に入ることができます。

この時、私たちは、全てのしがらみから解き放たれ、生まれたての、冒険に出る前の、多幸感、無敵感を感じることができます。

ただ、思い立った時に、すぐにシロダーラを受けることができるとは限りません。シロダーラを受けるには、サロンに電話して、予約して、ようやく施術を受けることができます。

 

次回は、普段の日常生活のなかで、どうしたら、心が鎮まるかを書きたいと思ってます。

 

私も、もちろん実践しています。

今日も明日もシャンティな1日をお過ごしくださいませ。

 

 

 

💓随時開催中のマッサージスクールやアーユルヴェーダ講座はこちら
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
葉山、一色海岸オーシャンビュー
アーユルヴェーダとアロマセラピー専門サロン
【Hayama ひねもす】(ナユタハーブ運営)
♦完全予約制 10:30~20:00(女性専用)
♦定休日 月曜日(応相談)
♦所在地 神奈川県三浦郡葉山町一色2116葉山ビーチハウス201
♦電話 09048675568
♦お得な割引 施術終了後、次回のご予約(2ヶ月以内)を入れていただいた場合、10パーセントオフいたします。

日時変更は、2日前までにご連絡ください。
前日・当日の場合は、次回定額となります。
また、シロダーラ、ハーブボールをご予約の方で、前日、当日キャンセルの方は、材料費として、施術料金定額の半額をいただきますことをどうぞご容赦ください。
3日前より、
ご予約に応じて煮出しているため、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。
  Hayamaひねもすには、葉山町、逗子、鎌倉、横須賀、横浜、東京都内より、たくさんのお客様にお越しいただいております! コース勧誘や高額の化粧品販売など行っておりませんので、エステやマッサージが初めての方でもご安心してご来店くださいませ。 お待ちしております😉●今日も、「葉山ひねもす手帖」にお越しいただき、ありがとうございます。みなさまのぽちっが励みになります。よかったらクリックにて応援よろしくお願いいたします!

●Twitter フォローよろしくお願いいたします。 葉山のお店のことや、ハーブのこと、アーユルヴェーダのこと、宇宙のこと、などなどHayamaひねもす店主がつぶやいてお莉ます。時々、「ブラックひねもす(毒舌)」になります。ごめんあそばせ😘生存確認フォローしてくれたら嬉しいです。
●Hayamaひねもす Instagram インスタ映えしない、薬草オイル(茶色なので)のことや、目があったカマキリのことやら、日常を載せてます。 注意)きゃっきゃっうふふの日常ではありません。なので毎日、特に、輝いておりません。うしし!!😁どうぞご安心してご覧ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP