葉山ひねもす手帖

むかし飼っていた犬のこと

葉山、一色海岸目の前、アーユルヴェーダ専門サロン Hayamaひねもす店主です。

以前のブログで、鎌倉成就院のご利益画像をUPしたことがあり、(←本当にご利益がありそうなのは、こちらをクリック)、

検索ワードで、当ブログへお越しいただくことも多く。。。

ご縁に感謝!

これからも気が向いたらお越しくださいね。


ちなみに、このブログは、開運ブログではなく、Hayamaひねもすという、アーユルヴェーダとアロマセラピーのサロンのブログです。

ひねもすのたり、薬草煮込んでアーユルヴェーダやってます!うしし

というわけで、頼まれてもいないのに、
ご挨拶がてら、待ち受け画像をつくってみました。
願いがかなうかどうかはおいといて。。。。

それが、コレ↓

昔かっていた犬、ジョイです。

私が東京の大学に進学し、父も単身赴任になってから、

母が衝動的に飼ってきました。小さい頃は、何匹も飼っていたのですが、亡くなると、

私たちが大泣きするので、父が、もう飼わないぞ!と宣言したので、10数年ぶりに我が家の一員になった犬です。

はじめは、単身赴任中の父に内緒で、なんて言おう…と母は心配してましたが、

やがて、赴任を母の体調を理由にやめ、戻ってきた父は、朝晩、毎日散歩するように。



ジョイからみた私の家族。

→父(いちばんえらいひと。玄関で、出迎えると、頭をくしゃくしゃに
撫でる人。)

→母(派手にパフォーマンスをするプードルに押されていた
自分をみつけてくれたひと。いちお、感謝。)

→姉(いつもいっしょに寝てくれて、犬だったら多分自分のおかーさん!)

→私(ときどき、家に帰ってくる人。おそらくしたっぱ)

末っ子である私より、立場が上だと思っていたらしく、

時々、頭突きされたりはしましたが、今までの飼ってた犬たちのなかで、

いちばん思い入れがあります。

母をひとりで看取ってくれました。

体をくっつけ、丸くなって鼻を母の顔に寄せてたそうです。
(ありがとー)

父は、母が亡くなった時には、私たちの前では、

涙を見せませんでしたが、

ジョイが亡くなった時は、その場につったったまま、オイオイ泣きました。

威厳がある父だったので、子供のように、泣いている姿をみたのは、それ一度きりでした。

ジョイは、少なくとも、私たち家族4人を、たくさん幸せにしてくれました。

散歩い・の・ちで、一分一秒も、待ちきれない犬だったので、

きっと、神様と内緒話をして、神様を急かしてくれると思います。


神様が急きょ計画を先倒しして、皆様の願いを
一斉に、電光石火で叶えてくれますよーに! 



今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
もしよかったらぽちっと応援よろしくお願いいたします!


にほんブログ村
これは、練習したジョイの顔↓
おかしいなぁ~。高校のとき、美術部(帰宅部)だったのになぁ~。。。。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP