葉山ひねもす手帖

今年もホーリーバジルを仕込む

葉山のアーユルヴェーダとアロマセラピー専門サロン《Hayamaひねもす》です。

今年も、寒くなる前に育てたホーリーバジルを収穫。

アーユルヴェーダでは、ホーリーバジルを「不老不死の薬」と称し、寺院はもとより、クリニックなどでは、必ず植えられている、聖なる薬草です。

左側が、神様の名前がついた「クリシュナトゥルシ」。
花穂が3つ又に分かれるのと、茎と葉が紫色になるのが特徴です。
(日照時間、気温に左右されます。日本では、茎は紫色ですが、成長すると葉は緑色になってしまいます。)

秋、冬の楽しみは、夏の間、太陽の光をあびたハーブを、オイルに、チンキにと仕込むこと。

今回は、水溶性、油溶性の成分を分けてとりたいので、
BG、グリセリン、キャリアオイルなど、いろんな方法で、抽出したいと思ってます。

💙ホーリーバジルOcimum sanctum

ホーリーバジルは、アダプトゲンに分類され、アダプトゲンとは、以下の条件を満たす天然ハーブを総称しています。

・副作用がない
・精神的や肉体的なストレスに対しての抵抗力を高める
・身体の機能を正常に整える

主成分はオイゲノール。

クローブと同様、オイゲノールが多量に含まれて、麻酔効果には定評があります。オイゲノールは鎮痛作用や防虫作用などといった効能が挙げられます。そして、精神的・肉体的なストレスや疲労感を軽減する働きも期待されています。その他、β-カリオフィレン、ロスマリン酸とカルノシン酸、といった抗酸化成分も含まれているため、ストレスホルモンのコレチゾールを抑制し、若返りのホルモン「DHEA」を活性化させるといわれています。

💚アーユルヴェーダ からみた、ホーリバージルの効能

●ドーシャ への影響 
ヴァータとカファを下げる、ピッタ増やす
●味 
辛味
●作用
解熱、神経鎮静、痙攣を抑える、抗菌、月経促進
●効能 
風邪、咳、鼻詰まり、頭痛、関節痛、リウマチ、発熱
●禁忌
妊娠中は使わない
参考「アーユルヴェーダ とアロマセラピー」フレグランスジャーナル社

✴︎✴︎✴︎

日本でアーユルヴェーダを学ぶ

現役セラピストから生きたマッサージ技術や薬草、アーユルヴェーダ を学んでみませんか?初心者からセラピストまでオーダーメイドで承ります。

今日もお越しいただき、ありがとうございます。ランキングに参加しております。みなさまのぽちっが励みになります。よかったらクリックにて応援よろしくお願いいたしますね!

アーユルヴェーダとアロマセラピー専門サロン
【Hayama ひねもす】
♦完全予約制 10:30~20:00(女性専用)
♦定休日 月曜日(応相談)
♦所在地 神奈川県三浦郡葉山町一色2116葉山ビーチハウス201
♦電話 09048675568
♦お得な割引 施術終了後、次回のご予約(2ヶ月以内)を入れていただいた場合、10パーセントオフいたします。日時変更は、2日前までにご連絡ください。前日・当日の場合は、次回定額となります。
また、シロダーラ、ハーブボールをご予約の方で、前日、当日キャンセルの方は、材料費として、施術料金定額の半額をいただきますことをどうぞご容赦ください。3日前より、
ご予約に応じて煮出しているため、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。

Hayamaひねもすには、葉山町、逗子、鎌倉、横須賀、横浜、東京都内より、たくさんのお客様にお越しいただいております!コース勧誘や高額の化粧品販売など行っておりませんので、エステやマッサージが初めての方でもご安心してご来店くださいませ。お待ちしております。

♠よかったらフォローお願いいたします
●Twitter 急にでた空き状況等つぶやきます!
●Instagram 毎日の一色海岸の様子、海辺の様子、薬草オイル作り、旅の様子などお伝えしています。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP