葉山ひねもす手帖

アーユルヴェーダ版「理想の昼の過ごし方」

さわやかな朝を迎えたら、仕事して(あるいはお洗濯、掃除)、やがて、お昼になります。
そのときに、ぜひご自身の体に、こう問うてください。

「おなかすいてますか?」

お昼ごはんは、本来ならば、一日の中で、一番ゴージャスにマハラジャのように食べたいものですが、胃もたれなど感じる場合は、温かく消化のよいものを少しだけいただきましょー。
(湯豆腐、おうどん、野菜スープなど。ショウガなど刻んでいれるのも

また、消化を助けるために、一口で「32回かむ」とよいとされてます。
各体質別のランチメニューは、また別でお知らせいたします。
なぜならば、先に、とても非情で、試練となることをこれからお伝えしなければならないからです。

それは。

それは。

「食ったら寝るな!」
です。

えーっ、おひるねは30分くらいだったら、むしろ仕事の効率を
あげるってきいたもーん。
だってぇ、ほどよいおひるねタイムは、夜寝やすくなるってきいたもーん。
たしかぁ、お医者さんもそういってるもーん。
部長(もしくは、おとーさん)はいつもそういって寝てるもぉーん(おそらく、この場合は、それだけの理由ではない気がするので、見て見ぬふりをしてあげてください)

とにかく、眠たくなるんだもーん。ううっていうかたへ。

大変申し訳ございません。

わたしがきめたのでなくむかしむかーしのインドの偉い賢人たちがいってます(いいわけ)

 

「とにかく昼寝しちゃだめ」

アーユルヴェーダとは、なんと、りりしい教えなのでしょうか。なんで昼寝してはいけないかっていうと・・・・・。

「えーっと、疲れるほど、はたらいてないだろーがっ!このゆとり世代が!」

いいえ、そんな理由ではございません。

「ね、寝てません。目はつむってますが、
宇宙の神秘について、瞑想しているんです。

☆「それならば、アーユルヴェーダ医学が生まれたこの国で、なぜ道端であんなに犬と印度人が昼寝をしているのか?」と、印度人医師に問うたところ、上記のような答えが、かえってきました。あの人たちは、瞑想しているらしいです。日本でも終電を逃した後の駅前に、路上で瞑想する修行者(ネクタイをしている)を見かけます。

なぜ、昼寝をしてはいけないのでしょうか?

アーユルヴェーダでは、昼寝をするとカラダをつくっているカパ要素(オイリー、重い、どっしり、冷たい)が必要以上に増えるため、消化を妨げられ、毒素がたまり、病気、肥満を引き起こすと考えられています。
☆10時から14時は、ピッタ要素(消化の火をつかさどる)が増える時間帯で、どんどん食べたものを燃やせるゴールデンタイムです。

例外的に、昼寝してもよい≒カパを増やしてもよいとされているのが、
●幼児(寝る子は育つ:体をつくる、大きくする、成長する)
●病人・病み上がり・老人(滋養強壮)
●長期のたびびと
●猛暑のとき

なので、お昼寝をしたくなったら、こう問うてください。

「わたし、マダ大きくなるつもりか?

「わたし、病弱か?」

「た、たしか今、ま、真夏だ・よ・ね?」

ちなみに、座ったまま、15分程度の居眠りは、カパを増やさないので大丈夫らしいです。
今日もシャンティな1日を。

葉山、一色海岸目の前
【Hayama ひねもす】
アーユルヴェーダとアロマセラピー専門サロン

♦完全予約制 10:30~20:00(女性専用)
♦定休日 月曜日(応相談)
♦所在地 神奈川県三浦郡葉山町一色2116葉山ビーチハウス201
♦電話 09048675568
♦お得な割引 施術終了後、次回のご予約(2ヶ月以内)を入れていただいた場合、10パーセントオフいたします。日時変更は、2日前までにご連絡ください。前日・当日の場合は、次回定額となります。
また、シロダーラ、ハーブボールをご予約の方で、前日、当日キャンセルの方は、材料費として、施術料金定額の半額をいただきますことをどうぞご容赦ください。3日前より、
ご予約に応じて煮出しているため、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。

Hayamaひねもすには、葉山町、逗子、鎌倉、横須賀、横浜、東京都内より、たくさんのお客様にお越しいただいております!コース勧誘や高額の化粧品販売など行っておりませんので、エステやマッサージが初めての方でもご安心してご来店くださいませ。お待ちしております。

♠よかったらフォローお願いいたします
●Twitter 急にでた空き状況等つぶやきます!
●Instagram 毎日の一色海岸の様子、海辺の様子、薬草オイル作り、旅の様子などお伝えしています。

今日もお越しいただき、ありがとうございます。ランキングに参加しております。みなさまのぽちっが励みになります。よかったらクリックにて応援よろしくお願いいたしますね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP